輸出ビジネスの始め方

0

    最近、輸入壁紙について調べ出して思ったんですが

    逆に日本のものを海外へ輸出したら

    面白いんじゃないかと考えるようになりました。

     

    日本の物であればよく知っているわけですし、

    軽い気持ちで調べ出してます。

     

     

    まずはどの国へ輸出すれば

    ニーズがあるのか調べる必要がありますね。

     

    輸送費や雑費の計算、

    法に触れないものかということも重要なことです。

     

    日本で輸出可能なものであっても

    輸出先の国では受け付けないものって

    意外とあるらしいです。

     

     

    僕が英会話を習っているイギリス人講師が言ってたんですが

    ダイソーで買った皿をイギリスへ持ち帰っただけで

    「これが日本のものか!」と大歓迎され

    凄く高価なものの扱いをされるといっていました。

     

     

    他にもドラゴンゴールのフィギュアなんかも

    高値で売れるみたいです。

     

     

    たしかに秋葉原とかにいくと

    リュックをしょった外国人が大勢います。

     

     

    もしかしたら彼らはみんな自国へ持ち帰って

    転売をするつもりなのかもしれませんね。

     

    ただ好きな人も当然いるでしょうけど。

     

     

    ネットがこれだけ普及して

    世界が近くなったように見えても

    やはり、他国のものは他国へ持っていけば

    それだけで付加価値がつくというのは変わらないんですね。

     

     

    見つけるのは大変でしょうけど

    ニーズが分かって、諸々の諸経費を考え、

    法的にも大丈夫であればやってみる価値はありそうです。

     

     

    因みにこのサイトが凄く詳しい説明してくれているので

    輸出ビジネスに興味がある場合は見てみると面白いです。

    https://hunade.com/

     

    今日はここまでです。

     

    ありがとうございました。

    JUGEMテーマ:輸出ビジネスを学ぶ


    コメント
    コメントする








       

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM